3級

当座借越

勘定科目 当座借越 区分 負債 説明 一定の限度額までは当座預金の残高を超えて小切手を振り出すことができる契約。 不渡りにならないように、残高以上の支払いを一定限度まで銀行が肩代わりしてくれる。 ポイント 当座借越の仕訳方法は以下の2通りある。 一…

当座預金

勘定科目 当座預金 区分 資産 説明 預金の一種であり、引き出す際には小切手等を使用する ポイント 現金の項にも記載した通り、小切手の振り出しは当座預金、受け取りは現金。 自己振出小切手…当座預金で処理 他人振出小切手…現金で処理 実際の仕訳例 例)「…

小口現金

勘定科目 小口現金 区分 資産 説明 少額の支払い用に手元に置いてある現金。「各部署の担当者に一定のお金を渡し、経理への報告は後に纏めて行う」場合等に用いる。(小口現金制度) 小口現金制度 小口現金制度には2種類ある。 単純前渡法 定額資金前渡法 定…

現金過不足

勘定科目 現金過不足 区分 その他 内容 現金の過不足を見つけた時に使用する勘定。どの区分にも属さないので、決算時には残高をゼロにする必要がある。最終的にに分からなければ、雑費または雑益に振り替え。 ポイント 現金不足の場合 現金が不足している場…

現金

勘定科目 現金 区分 資産 説明 通常の現金。現ナマ。注意しなければいけないのが、小切手等を受け取った場合も現金として勘定する(※1)という事。 ※1 現金に見えないけど現金として勘定するもの 他人振出小切手 送金小切手 配当気領収証 郵便為替証書 など ポ…

いざ仕訳(現金と預金)

実際の仕訳例を勘定科目毎に記載していきます。 まず第一回目は「現金と預金」について。ここで主に登場する勘定科目は以下の通り。 現金 現金過不足 当座預金 当座借越 小口現金

取引の種類

仕訳は日々の「取引」を記載していくものと前記事に記載しましたが、じゃあ「取引」とは一体何か。 取引とは以下の項目が増減する事を言います。 それぞれ一体どういう概念なのか、という事は Wikipediaさんにお尋ねください(リンクを貼っておくので)。 資…

仕訳とは何か

さて今日も簿記の勉強です。簿記のメインとなる仕訳とは何か。 Wikipediaによると… 仕訳(しわけ)とは、複式簿記において、発生した取引を貸借の勘定科目に分類することである。仕訳は仕訳帳に記入する。 仕訳においては、資産、損失は借方、負債、資本、利…

簿記の流れ(日商3級学習[1])

結構簿記の学習は進んでいるのですが、全然ブログに書いてません。とりあえず、大きなところ(そもそもの所とか考え方、流れなど)から。 そもそも簿記とは何? 本によると、簿記とは「お金やモノの出入りを記録する方法」との事。 社会で共通のフォーマット…