vsFTPdのユーザディレクトリを変更する


CentOSのデフォルトインストール前提です。

ユーザ追加から。CRSというユーザを追加します。

[root@localhost ~]# adduser CRS
[root@localhost ~]# passwd CRS
Changing password for user CRS.
New UNIX password: 
Retype new UNIX password: 
passwd: all authentication tokens updated successfully.

次にvsFTPdのconfigを変更します。
各ユーザ毎の設定ファイルを配置するディレクトリを指定します。
※ついでにディレクトリ作成もしてます。
ディレクトリ名は任意です。

[root@localhost ~]# mkdir /etc/vsftpd/vsftpd_user_conf
[root@localhost ~]# vi /etc/vsftpd/vsftpd.conf 

### 以下を追記
user_config_dir=/etc/vsftpd/vsftpd_user_conf

次にユーザディレクトリを変更したいユーザの
「ユーザ名がファイル名」となるファイルを
作成したディレクトリへ配置します。
上記の場合だと
/etc/vsftpd/vsftpd_user_conf/CRS
というファイルを配置する訳です。

またファイル内にlocal_rootとして
指定したいユーザディレクトリパスを記述します。

[root@localhost ~]# vi /etc/vsftpd/vsftpd_user_conf/CRS 

### local_rootを記述
local_root=/var/hoge/hoge

最後に、vsftpdデーモンを再起動して完了です。

[root@localhost ~]# /etc/init.d/vsftpd restart
Shutting down vsftpd:                                      [  OK  ]
Starting vsftpd for vsftpd:                                [  OK  ]