現金過不足

勘定科目 現金過不足
区分 その他
内容 現金の過不足を見つけた時に使用する勘定。どの区分にも属さないので、決算時には残高をゼロにする必要がある。最終的にに分からなければ、雑費または雑益に振り替え。

ポイント

現金不足の場合

現金が不足している場合には、帳簿上の現金を減らさなくてはならないので
現金過不足を借方に、現金を貸方に書く。
(資産が減る場合には、貸方へ記載!)

(借)現金 (貸)現金過不足
現金過多の場合

逆に現金が多い場合には、帳簿上の現金を増やす必要があるので
現金を借方に、現金過不足を貸方に書く。

(借)現金過不足 (貸)現金
現金過不足の理由が判明した場合

現金過不足の理由が分かった場合には現金過不足を打ち消す仕訳をする。

  • 現金不足の際の打ち消し
(借)現金過不足 (貸)不足理由となる勘定
  • 現金過多の際の打ち消し
(借)過多理由となる勘定 (貸)現金過不足

実際の仕訳例


例1)現金の実際有高が、帳簿の残高よりも6,000円多かった。

借方 貸方
(借)現金 6,000 [資産の増加] (貸)現金過不足 6,000[過不足の計上]

例2)例1の過不足原因が、業者から受け取った計上していない商品代だった

借方 貸方
(借)現金過不足 6,000[過不足の打消] (貸)売上 6,000 [収益の増加]
広告を非表示にする