小口現金

勘定科目 小口現金
区分 資産
説明 少額の支払い用に手元に置いてある現金。「各部署の担当者に一定のお金を渡し、経理への報告は後に纏めて行う」場合等に用いる。(小口現金制度)

小口現金制度

小口現金制度には2種類ある。

  • 単純前渡法
  • 定額資金前渡法

定額資金前渡法

定額資金前渡法とは。

一定期間の必要額を見積り、これに相当する一定額を前渡し、その後週単位・月単位等でその期間の支払いを報告させ、支払い額と同額を補充していく方法。
小口現金制度

流れは以下の通り。

  1. 会計係が一定額の現金を小口係に渡す。
  2. 小口係は会計係から受け取った現金で雑費の支払いを行う。
  3. 一定期間経過後、小口係が会計係へ報告。
  4. 使用した分の現金を会計係が小口係へ渡す。

※各部署の小口現金を扱う担当者

ポイント

小口係の支払いに関する仕訳は、小口係が支出したときでは無く、会計係が小口係から報告を受けたときに行う。

実際の仕訳例

例)「会計係が小口係に前渡分として小切手\5,000を振り出した」場合

借方 貸方
(借)小口現金 5,000 [資産の増加] (貸)当座預金 5,000 [資産の減少]

例)「小口係が雑費\500を支払った」場合

仕訳無し

広告を非表示にする