当座借越

勘定科目 当座借越
区分 負債
説明 一定の限度額までは当座預金の残高を超えて小切手を振り出すことができる契約。

不渡りにならないように、残高以上の支払いを一定限度まで銀行が肩代わりしてくれる。

ポイント

当座借越の仕訳方法は以下の2通りある。

  • 一勘定制
  • 二勘定制
一勘定制

当座預金勘定のみで処理を行う方法。当座借越分を当座預金に含めて勘定する。

二勘定制

当座預金勘定と当座借越勘定で処理を行う方法。借越が発生した場合は「当座借越」勘定を使用して処理する。

実際の仕訳例

例)「商品\5,000を仕入れ、代金は小切手を振り出して支払」場合

借方 貸方
(借)売上 5,000 [費用の発生] (貸)当座預金 5,000 [資産の減少]


例)「商品の仕入を\5,000分行い、小切手を振り出して代金を支払ったが、当座預金の残高が\2,000だった。(少なっ!)」

一勘定制の場合
借方 貸方
(借)仕入 5,000 [費用の発生] (貸)当座預金 5,000 [資産の減少]
二勘定制の場合
借方 貸方
(借)仕入 5,000 [費用の発生] (貸)当座預金 2,000 [資産の減少]
  (貸)当座借越 3,000 [負債の増加]

例)上記の借越分を補てんするため、当座預金へ現金\5,000を預け入れた。

一勘定制の場合
借方 貸方
(借)当座預金 5,000 [資産の増加] (貸)現金 5,000 [資産の減少]
二勘定制の場合
借方 貸方
(借)当座預金 2,000 [費用の発生] (貸)預金 5,000 [資産の減少]
(貸)当座借越 3,000 [負債の増加]  
広告を非表示にする