ゆるくなってきた


前々からTwitterでもフォローしているちきりん(id:Chikirin)さんの本、読んでます。

ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法

ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法

本を読んで

ちきりんさんってどんな方、っていうと

関西出身で東京在住
“働かない人生”を謳歌中
人生のテーマは自由であること

おちゃらけ社会派

の女性だそうです。
ブログを読んでいると「なるほどねー、そういう切り口凄いわー」って
関心する事が多々あります。本当におちゃらけたようなネタもあるんですが
時に政治問題、時に社会問題、時に地方での外食自慢(!)などなど、記事が多彩なので読んでいて飽きません。

今回読んでいる本は、そのちきりんブログを元ネタとしてジャンル分けし
再構成したもの、といった感じ。


その本の中で特に「あイタタタ!」と感じた箇所があったのですが、それは『「成長したい!」だけではダメ』っていう節。
元ネタのブログ記事はおそらくこれ。
input と output - Chikirinの日記

要約すると、インプット(例えば他の人のブログを読んだり、本を読んだり、セミナーに行ってみたり)が多かったとしても、アウトプット(成果とか実績とか能力とか)が無いのならば、何の役にも立っていない。意味がない。ということ。
さらに突っ込んで言うと、そんな意味の無いことに時間を使うんだったら、やりたい事に時間使いなよ、と。

もちろん気づいていなかった訳では無いのだけれども改めて言われると、なかなかショッキングでした。あイタタタ。

インプットとアウトプット

さて、ここ最近はどんな媒体から自分はインプットしてるんでしょ。
考え付くものを列挙してみよう。あと、何となくのパーセンテージ。

  • 既存メディア系
    • テレビ(5%)
    • 新聞(5%)
    • 本(10%)
  • 新メディア系
  • それ以外
    • 職場での業務(15%)
    • その他伝聞(5%)

きっと上記以外にも媒体があるんだろうけど、そしてパーセンテージに誤差があるとは思うけれども、大体上記でnearになると思います。

分かる事は、Twitterを使用したInputの時間が明らかに多いこと。


じゃあ逆にアウトプットはというと・・・。

  • プライベート
    • 飲みの場、食事の席とかのお話(5%)
    • ブログでの情報発信(5%)
    • Twitterでのたわ言(10%)
  • 仕事
    • 職場での業務(80%)

・・・まぁそりゃ業務でのアウトプットが多いですよ。
だって、1年間の半分以上の時間を会社で使っている訳ですから。

で、ここで考えなくてはならないのは「なぜインプットしているのか」という事。探究心?暇つぶし?仕事のため?金のため?

もし仮に僕が仕事のためにインプットをしているのであれば、Twitterを中心としたインプットを行うというのは、実に効率が悪い。Twitterは不必要な情報が多く、ノイズが多い。本来ならば業務に関した本やWEBを活用して、よりアウトプットに直結したインプットを行うべきでしょう。

そして仮にブログでの情報発信のためにインプットをしているのであれば、アウトプットの比重のうち、ブログの比重が低いのは明らかに変ですよね。


またインプットとアウトプットの割合を考えると、90:10くらいでインプットのほうが多いんです。これじゃあ盆暮正月に毎度起こる高速道路料金所付近の渋滞みたいな効率の悪さです(料金所抜けたらスイスイみたいな)。どうせ頭から消えてしまうだけなので、不必要なインプットは抑制すべきでしょう。

という訳で

いやー、自分のインプットアウトプット、実にバランスが悪いんだなーという事に改めて気づかされました。インプット用途を明確にすることインプット量をコントロールして効率よくアウトプットすること、それが大事なのでしょう。

広告を非表示にする